『Android Vehicle』誕生!!

以前ここでも紹介しましたロボットカー(プロトタイプ)ですが、念願のAndroidケータイでのコントロールに成功しました!ハードの試作品完成から約3ヶ月、やはりソフト開発は根気と時間がかかりますね。ソフト開発は「K2-GARAGE」さんにお願いしました。PVまで作ってもらってありがとうございます。

Vehicleの仕様は、サーボモータ×13、DCモータ×4、メインボード:Beagle Board-xM(OS:Android)、サブボード:RCB-3HV、でマニピュレータは500mlのペットボトル程度の可搬能力があります。WiFi接続したAndroid端末で、WEBカメラからの画像を見ながらタッチパネル操作で無線コントロールが可能です。

PV-予告編をご覧ください。

このロボットは、研究者のための一つの開発プラットホームとしての活用を目指しています。このVehicleをベースに様々な“役に立つ”ロボットが生まれてくる事を期待しています。

ハード、ソフトともまだまだブラッシュアップが必要なのでもう少し時間がかかりますが、何とか製品化に向けて頑張りたいと思います。

まだコメントがありません。

コメントを書く