記事一覧 2011年9月

「ホビーロボットコロッセオ」に参加してきました。

9月3・4日に静岡市で行われた「ホビーロボットコロッセオ」に参加してきました。全国からホビーロボットビルダーが集まり、それぞれの地域で開催されているイベントを2日間で一気にやってしまおう!という壮大な計画の下、九州からも「YOKAロボまつり・U1K」と「Blaser」をお披露目してきました。

これは開会式で、女の子ロボ「アマテラス」がお祓いをしているところです。

今回は全国から集まった様々な競技が開催されるとあって、バラエティに富んだ個性的なロボットが多く、見どころ満載でした。

この辺がバトル志向のROBO-ONEとは違うところで、全体的にゆったりとした和やかな雰囲気の2日間でした。

特に圧巻だったのは、史上初の12対12サッカー。私もメリッサで参戦しましたが、想像以上に面白かったですね。なんせコートが巨大で、ゴールからゴールまで20mはあろうかという広さで、相手のゴール前に辿り着くのに一苦労でした。コートの半分位まで行くとコントローラーの電波が届かなくなるので、自分も移動しながら操縦していました。でも、広いコートを駆け回る爽快感も味わえた貴重な体験でした。

YOKAロボまつり・ミニマムバトル(U1K)の方も、小さいながら多彩な技の応酬と素早さで名勝負が繰り広げられました。特に「プラレス三四郎」の作者の神矢みのる先生が、柔王丸をモデルにした「JO-ZERO」を操縦するといったサプライズもあり、大いに盛り上がりました。ミニマムバトルの面白さが十分に伝わったと思います。

この模様はUSTREAMで視聴できます。

http://www.ustream.tv/recorded/17057503

今回もう一つの目的は、今開発中の「Android Vehicle」を実際に見てもらい意見を聞くことでした。このプロジェクトは、IT技術とロボット技術を融合させ役に立つロボを作りたいという思いで始めたものですが、共感して頂ける方が多く、手応えを感じることができました。ハード、ソフトとも、完成度を上げていきたいと思います。