‘KHR-3HV’ カテゴリの記事一覧

「KHR 9thアニバーサリー」開催決定!

近藤科学の二足歩行ロボット「KHR」シリーズの誕生を記念して毎年開かれてるイベント「KHRアニバーサリー」が、今年も秋葉原で開催されます。

KHRアニバーサリー

★イベント名:KHR 9thアニバーサリー

★日時:2013年8月24日(土)、25日(日)

★場所:3331 ARTS CYD  1階コミュニティスペース
〒101-0021 東京都千代田区外神田6丁目11-14
URL:http://www.3331.jp/access/

★ホームページ:http://kondo-robot.com/sys/khr-9thanv

★見学無料(参加には事前登録が必要です)

★イベント内容

【8月24日(土):KONDO BATTLE KHRクラス】

・競技ルール:ルールは第20回ROBO-ONE競技ルール に則ります。
全回戦「総合格闘技ルール」です。
リングはROBO-ONE軽量級リングを使用します。
・機体レギュレーション:KONDO CUP機体レギュレーションと共通です。
・参加費:1エントリーにつき\1,000(税込)

【8月25日(日):KONDO CUP KHRクラス】

・レギュレーション:以下のアドレスよりダウンロードしてご覧ください。
http://kondo-robot.com/sys/wp-content/uploads/2012/06/KONDOCUP_rule2.pdf
・参加費:1チームにつき\3,000(税込)
個人参加の方は1人につき\1,000(税込)

★スケジュール

(簡易版 24日、25日共通)
11:30 参加受付開始
12:00 受付終了
13:00 イベント開始
17:00 イベント終了

※スケジュールその他につきましては、都合により変更する場合があります。
予めご了承ください。

当日は新製品の発表も行う予定でございます。
こちらにもご注目ください。

KHRユーザーの方は誰でも参加できますので、ぜひご参加ください。

KHRアニバーサリー

ガチバトル!

近藤科学から発売されている「KHR-3HV」用に開発したモーションパッケージ「ガチバトル22軸仕様」を搭載したロボット動画が、YouTubeにアップされました。凄くカッコいい動画に仕上がっているのでここでご紹介します。

動画はこちら↓

この「ガチバトル22軸仕様」は実戦用としてKHR-3HV用に開発したモーションパッケージの一つで、この他に17軸用やサッカー用があります。競技会などに参加を予定されている方はぜひご利用ください。「ガチモーションシリーズ」はこちら

「KHR-3HV Ver.2」が発売されます!

2009年7月に発売され、二足歩行ホビーロボットとして高い評価を受けてきた「KHR-3HV」ですが、この度マイナーチェンジを行い「Ver.2」が発売されることになりました。

[KHR-3HV Ver.2の特徴]

●サーボモーターがKRS-2552RHVになりました。2552RHVは通信規格が最新版のICS3.5になり、シリアルとPWMが切り替えて使えるようになりました。また、回転モードや各パラメーターの細かな調整も可能になります。

DUAL USBアダプターHSが付属します。シリアルUSBアダプターとICS USBアダプター両方の機能を持つ便利なアダプターです。2つのモードをスイッチで切り替えることができます。

●ソフトウェアが最新版になりました。モーション作成ソフトのHeart To Heart4がVer.2.1にバージョンアップ。プログラミング言語が分からなくてもマウス操作だけでモーションが作れます。

●マニュアルがより分かりやすくなりました。Heart To Heart4ユーザーズマニュアルを再編集。組立説明書はHeartToHeart4の進化やDUAL USBアダプターHSを活用したことでソフトの手順が減り、シンプルで簡単に操作できるようになりました。

さらに、頭部で使用しているサーボを腰軸に変更する組立方法も追加され、お好みのスタイルでロボットを組み立てられます。

個人的に嬉しいのは、Heart To Heart4がVer.2.1になってアナログが使えるようになったことですね。スラローム歩行やBlaserがやっとできるようになりました。これを機に、新たな競技などが出てくればいいですね。

それから、単品のKRS-2552RHVも連休明けから発売になります。PWMが使えるようになったことで、RCB-3や4以外のコントロールボードでも使用できるようになった訳です。特にKHR-2HVのRCB-3Jはシリアル対応していなかったので、2552HVは使えませんでしたが、PWMに変更した2552RHVが使用できることになります。下半身を強化したり、色々改造の選択肢が増えますね。その他近藤科学製以外のPWM用ボードでも使えるので、汎用性がグッと高まりました。

また、既にICS3.5になっているKRS-403Xシリーズを使っていてとても便利なことは、殆んどモーターが焼けなくなったことです。一定温度になったらシャットダウンする機能や、モーターがロックした時に1.4秒後(時間は個別設定可能)にシャットダウンさせる等、安全対策が充実しています。

リニューアルしたKHR-3HV Ver.2KRS-2552RHVをぜひお試しください。

「KHR-3HV アカデミックパック」

二足歩行ロボットの入門用としてすっかり定着したKHR-3HVですが、この度部品数を少し減らしてお求めやすくなった「アカデミックパック」が発売になります。

KHR-3HVアカデミックパック

 

「アカデミックパック」は、通常版のKHR-3HVから以下の物が省かれています。

・RCB-4HV、シリアルUSBアダプターHS、ROBOパワーセル HV Dタイプ 800mAh、急速充放電器 MX-201

当然価格も下がって95,000円(税別)と、10万円を切る価格となりました。これだと教材としての購入もしやすくなりますね。

もちろんコントロールボードのRCB-4HV(シリアルUSBアダプターHS付)を追加購入すれば、KHR-3HVの機体になります。また、ボードをRCB-3HVにしたい方にとっては、ピッタリのセットですね。RCB-3乗せ換えセットがあると便利です。(但しモーションは自作になりますので、経験者向きです)

バッテリーも最近はリチウムポリマーにしている方が多いので、使いなれた物を使えるというのもいいですね。KHRやMANOI用に使える「リポセット」と組合わせるのもお勧めです。

コントロールボードやバッテリーの自由度が広がった「アカデミックパック」は一般の方でもご購入頂けます。

KHR用のハンドユニット登場!

二足歩行ロボットにはやはり「手」が欲しいですよね。本格的な物は非常に高価なのですが、待望のリーズナブルなハンドユニットが登場しました。それが「SC-Hand1」です。

 

 

KRS-2552HV用で、ちょうどKHR-3HVにピッタリのサイズです。ブラックアルマイトで引き締まってカッコいいですね。ボールペン程度のものから太めのドライバー位まで持てるようです。手首にヨー軸があるので、つかみ易さも考慮されています。このヨー軸部分はダミーのサーボに変えてもOKです。

KHR-3HVに装着するとこんな感じです↓手が付くだけでヒューマノイドの価値がグッと上がりますね。

 

 

バトルやサッカーの時にもかなり活躍しそうなハンドユニットです。詳細はこちら

KHR-3HV22軸用ガチモーション第二弾!

KHR-3HV22軸用ガチモーション第二弾、「ガチバトルfor KHR-3HV22-2」ができました。今回は、22軸ならではの「連続前パンチ」を追加。より攻撃的な内容になりました。

やはり22軸になると、より人間らしい動きが可能になります。22軸をお持ちの方やグレードアップをお考えの方はぜひご検討ください。次はサッカーモーションを発売予定です。

漆黒のKHR-3HV

KHR-3HV BLACK LIMITED 誕生

KHR-3HV BLACK LIMITED大好評発売中の近藤科学「KHR-3HV」ですが、この度限定生産の「BLACK LIMITED」が発売になりました。

元々グレーの樹脂パーツはブラックに変更され、アルミフレームもブラックアルマイトにしてオールブラック仕様の特別バージョンになっています。

全てが黒になると、精悍さに磨きがかかって、それだけで強そうに見えてきます。存在感もグッと増しますね。

元々オールブラックの構想はあったらしいのですが、黒は個性が強すぎてカラーチェンジなどが難しいということもあって、無難なグレーになったようです。ということで、満を持してブラックリミテッド誕生ということになります。

機能的には通常版と変わりません。価格も据え置きです。ブラックアルマイトだけでも割高になるはずですが、ここは近藤科学も頑張ってますね。 

 

漆黒のKHR-3HV、カッコいいです!限定100台なので、ご注文はお早めに。

 

ブラック樹脂パーツ

 

それから、すでにKHR-3HVオーナーの方向けに、ブラックパーツセットも発売になりました。

KHR-3HVの樹脂パーツを黒にしたもので、この部分だけを取り換えるだけでもかなり印象が変わってきます。

入荷したので、早速22軸のKHR-3HVに取り付けてみました。

グッと引き締まった感じになってます。サーボとアーム類がブラックなので、コーディネートとしては決まり過ぎるぐらいです。KHR-3HVオーナーの方、おススメです。

 

 

KHR-3HV BLACK PARTS SET1  KHR-3HV BLACK PARTS2

近藤科学からHTH4の新バージョンが公開されました!

近藤科学製コントロールボード「RCB-4HV」のソフトウェア「HeartToHeart4」の最新版が公開されました。いくつかのバグ修正や変更が行われています。

<SingleServoコントロール>

  • ROMに書き込んだときに正常に動作するよう修正
  • Sync状態で通信エラーが出たときにコマンドがきちんと生成されないバグを修正
  • サーボモーター一覧はプロジェクトで使用可能になっているものだけを表示するよう変更した

<Remixコントロール>

  • サーボモーター一覧はプロジェクトで使用可能になっているものだけを表示するよう変更した
  • バッテリーを設定しても反映されないエラーを修正した
  • ミキシングアドレスの調整

などなど。

下記ページからダウンロードできますので、早めに旧バージョンから差替えをお願い致します。

「HeartToHeart4 Ver.1.3.16」

http://kondo-robot.com/sys/archives/3349

KHR-3HVの22軸用ガチモーションできました!

発売以来ご好評頂いていますガチモーションですが、やっと22軸専用の「ガチバトルforKHR-3HV22-1」が完成しました。標準仕様(17軸)に比べて5個サーボが増えた分、重量が増加しているので、そこを感じさせないように動かすのが少し苦労しました。

でも軸数が増えた分、スラロームや旋回が17軸よりはスムーズに(人っぽく)なってきたと思います。軸数を生かした攻撃技など、モーションの幅が格段に広がる機体と言えますね。

KHR-3HVはこちら

近藤科学から「KCB-3WL」が発売されます。

KCB-3WL

発売が延期されていた「KCB-3WL」がやっと発売されることになりました。今週末に入荷、来週月曜日から出荷できそうです。

これは無線LAN搭載のロボット用シリアルポート付きコントローラーで、RCB-3やRCB-4との通信が可能です。これを使うとUSBカメラをロボットに搭載して無線LAN経由でPCに動画を送ることができるようになります。「ロボでサバゲー」にぴったりですね。

また、Linux OSを搭載していますのでプログラムを自作して制御できます。自律ロボットプログラミングも可能になるわけです。

KHR-3HVへの搭載もいいのですが、個人的には「カメッサ」等の多脚ロボに搭載した方が姿勢も安定するし、色々できそうな気がしています。

入荷したら早速色々試してみたいと思います。詳細はこちら

KCB-3WL-2KCB-3WL-3