‘イベント’ カテゴリの記事一覧

「KHR 9thアニバーサリー」開催決定!

近藤科学の二足歩行ロボット「KHR」シリーズの誕生を記念して毎年開かれてるイベント「KHRアニバーサリー」が、今年も秋葉原で開催されます。

KHRアニバーサリー

★イベント名:KHR 9thアニバーサリー

★日時:2013年8月24日(土)、25日(日)

★場所:3331 ARTS CYD  1階コミュニティスペース
〒101-0021 東京都千代田区外神田6丁目11-14
URL:http://www.3331.jp/access/

★ホームページ:http://kondo-robot.com/sys/khr-9thanv

★見学無料(参加には事前登録が必要です)

★イベント内容

【8月24日(土):KONDO BATTLE KHRクラス】

・競技ルール:ルールは第20回ROBO-ONE競技ルール に則ります。
全回戦「総合格闘技ルール」です。
リングはROBO-ONE軽量級リングを使用します。
・機体レギュレーション:KONDO CUP機体レギュレーションと共通です。
・参加費:1エントリーにつき\1,000(税込)

【8月25日(日):KONDO CUP KHRクラス】

・レギュレーション:以下のアドレスよりダウンロードしてご覧ください。
http://kondo-robot.com/sys/wp-content/uploads/2012/06/KONDOCUP_rule2.pdf
・参加費:1チームにつき\3,000(税込)
個人参加の方は1人につき\1,000(税込)

★スケジュール

(簡易版 24日、25日共通)
11:30 参加受付開始
12:00 受付終了
13:00 イベント開始
17:00 イベント終了

※スケジュールその他につきましては、都合により変更する場合があります。
予めご了承ください。

当日は新製品の発表も行う予定でございます。
こちらにもご注目ください。

KHRユーザーの方は誰でも参加できますので、ぜひご参加ください。

KHRアニバーサリー

「YOKAロボまつり27・サッカー大会」のお知らせ

夏休み最後の9月2日(日)に「YOKAロボまつり27・サッカー大会」を開催します。場所は、福岡市のロボスクエアです。

毎回白熱した試合が繰り広げられるサッカーですが、今回はどんな名勝負が見られるか楽しみです。二足歩行ロボットを持っている方は個人でも参加できますので、お気軽にお申し込みください。詳細はこちら→YOKAロボまつり27・サッカー大会

告知PVです↓

見学無料ですので、お気軽にお越しください。

YOKAロボまつりで自律デモ

7月22日に行われたYOKAロボまつり26・バトル大会では、広くなった新型リングは1kg以下級には少々広すぎる感はありましたが、皆のびのびとして動き回る好試合が繰り広げられました。

私はというと、今回初めてペットボトル倒しの自律デモを行いました。ロボットは「YOKAロボスペシャル」で、頭に超音波センサーを2個(前後)、胸にPSDセンサーを1個装着しています。超音波センサーで索敵・目標物の捕捉・目標物までの歩行軌道修正・到達判断等を行い、PSDセンサーはリング端を読み取る“落ちまセンサー”として使っています。

自律デモの様子

今回使用したコントロールボードはRCB-4HVです。センサーが最大10個まで取り付けられるので、自律用として十分なポート数を備えています。Heart To Heart4もVer2.1になってかなり使いやすくなってきました。今後ユーザー変数の活用等も試してみたいですね。

頭に装着した超音波センサーは「MaxSonar」というもので、測定範囲が0.15~6.54mあるので、かなり広範囲のセンシングに使用可能です。今回はその中でも測定範囲の幅が一番狭いEZ4を選びました。測定幅が広いと目標物の位置を特定しづらくなるので、なるべく狭い方がやりやすいからです。また、通常の超音波センサーは発信と受信の2個セットが多いのですが、このセンサーは1個にまとまったコンパクト仕様でなので場所もとらず非常に軽量です。おまけに消費電力はPSDセンサーの1/10程度の超省電力タイプです。

今回は前後の超音波センサーで360°索敵を行い、目標物の反応があった時点でその方向に正面を向き、前方向のセンサーで目標物を捕捉しながら前進していくようにしています。前進中に目標物が左右のどちらかに反れると、スラロームしながら軌道修正をしています。これを前のセンサー1個で実行するのが工夫した点です。具体的には、狭い角度で左右に頭を振りながら、左右どちらにも反応があれば直進、右に反応があって左に無い時は右回り、左に反応があって右に無い時は左回り、という具合に軌道修正しています。

かなり使い勝手の良いMaxSonarですが、唯一の誤算は“落ちまセンサー”としては使えなかったことです。これは使い方にもよるのですが、胸に斜め下向きに取り付けた状態では、音波が床に反射した後向こう側に逃げてしまうため受信ができず、計測が不可能になります。この取付方法だとPSDセンサーが有効でした。デモの時にもしっかり反応しているのがご覧頂けると思います。

まだまだ改良点はありますが、1回目としてはまずまずのデモだったのではないかと思っています。HTH4でどこまでできるか、これから進めてみたいと思います。

それからYOKAロボまつり26・バトル大会の試合の模様はこちらをご覧ください。

YOKAロボまつり25・バトル大会の動画

5月5日に福岡市ロボスクエアで行われた「YOKAロボまつり25・バトル大会」の動画が公開されているので紹介します。

http://www.youtube.com/user/MrmagMagnet?ob=0&feature=results_main

YOKAロボまつり25・バトル大会

今回は21台が参加。子供の日とあって来場者も1,500人を越え最高の盛り上がりとなりました!

ダイジェスト版はこちら。イントロが映画のPVっぽい!

YOKAロボまつり23・バトル大会 リアル・スティールカップ 開催します!

12月23日(金・祝)に「YOKAロボまつり23・バトル大会 リアル・スティールカップ」を開催致します。もうご存知の方も多いと思いますが、12月9日から上映予定の映画「リアル・スティール」。人間の代わりにボクシングをする二足歩行ロボットと親子の絆をテーマにした、ディズニーの感動的なエンターテインメント作品です。

登場するロボットは、2メートル超、500kgと相当にでかいですが、基本的にやってることは私たちのYOKAロボまつりと何ら変わりはありません。(迫力が格段に違いますが…)今回はこの「リアル・スティール」の協賛の下、バトル大会を盛大に開催させて頂きます!

いつものORCクラスは3kgまでですが、今回大型機も参加できるようにヘビー級を4kg以下にしました。また、ロボットパフォーマンス部門を設け、二足歩行以外のロボットでもご参加頂けます。(パフォーマンス部門は優勝者に賞金が授与されます)

県外からも歓迎しますので、ぜひご参加ください。詳しくはこちらです。

http://www.crafthouse.jp/robot/yokarobo23.htm

映画「リアル・スティール」予告編

国際ロボット展に出展します。

11月9日から開催される国際ロボット展(東京ビッグサイト)に、前半の9・10日だけ出展します。今回は、Android端末でコントロール&動画受信できる「Android Vehicle」のプロトタイプのデモを行います。ご興味のある方はぜひお越しください。

展示コーナーは、「SR3-32 ロボット産業振興会議 ロボスクエアコーナー内クラフトハウス」です。

ヒト型レスキューロボットコンテスト 2011

11月6日に大阪で「電通大杯 ヒト型レスキューロボットコンテスト2011」が開催されます。申し込み期限が10月26日(水)まで延長されましたので、ぜひ皆さんも参加してみられませんか?

二足歩行ロボットの大会は全国各地で開催されていますが、「レスキュー」をテーマにした大会は珍しく、災害や事故の際ヒト型ロボットにできる役割を探る意味でも非常に貴重な試みだと思います。当社も協賛することにしましたので、皆さんのご参加お待ちしております。

「ホビーロボットコロッセオ」に参加してきました。

9月3・4日に静岡市で行われた「ホビーロボットコロッセオ」に参加してきました。全国からホビーロボットビルダーが集まり、それぞれの地域で開催されているイベントを2日間で一気にやってしまおう!という壮大な計画の下、九州からも「YOKAロボまつり・U1K」と「Blaser」をお披露目してきました。

これは開会式で、女の子ロボ「アマテラス」がお祓いをしているところです。

今回は全国から集まった様々な競技が開催されるとあって、バラエティに富んだ個性的なロボットが多く、見どころ満載でした。

この辺がバトル志向のROBO-ONEとは違うところで、全体的にゆったりとした和やかな雰囲気の2日間でした。

特に圧巻だったのは、史上初の12対12サッカー。私もメリッサで参戦しましたが、想像以上に面白かったですね。なんせコートが巨大で、ゴールからゴールまで20mはあろうかという広さで、相手のゴール前に辿り着くのに一苦労でした。コートの半分位まで行くとコントローラーの電波が届かなくなるので、自分も移動しながら操縦していました。でも、広いコートを駆け回る爽快感も味わえた貴重な体験でした。

YOKAロボまつり・ミニマムバトル(U1K)の方も、小さいながら多彩な技の応酬と素早さで名勝負が繰り広げられました。特に「プラレス三四郎」の作者の神矢みのる先生が、柔王丸をモデルにした「JO-ZERO」を操縦するといったサプライズもあり、大いに盛り上がりました。ミニマムバトルの面白さが十分に伝わったと思います。

この模様はUSTREAMで視聴できます。

http://www.ustream.tv/recorded/17057503

今回もう一つの目的は、今開発中の「Android Vehicle」を実際に見てもらい意見を聞くことでした。このプロジェクトは、IT技術とロボット技術を融合させ役に立つロボを作りたいという思いで始めたものですが、共感して頂ける方が多く、手応えを感じることができました。ハード、ソフトとも、完成度を上げていきたいと思います。

MANOI-PF01サマーキャンペーン開催中!

発売以来、癒し系のキャラクターと完成度の高さで人気の、京商製ヒューマノイドロボット「MANOI-PF01」。男性だけでなく、若い女性にも受け入れられる数少ないホビーロボットの一つです。

組み立てた後は、様々なモーション(動作のプログラム)をネットから手軽にダウンロード(無料)できるので、初めての方にもお勧めのロボットです。

この人気ロボットに、ノウハウ本、作り方DVD、予備バッテリー3個をサービスするという夢のようなサマーキャンペーン「グッズプラスキャンペーン」を始めました!

サービス品は総額15,600円。PF01に興味のある方は、この機会にぜひ検討されてはいかがでしょうか。キャンペーンは8月31日まで。

YOKAロボまつり20 バトル大会

5月22日(日)に福岡市のロボット施設「ロボスクエア」で「YOKAロボまつり20 バトル大会」が開催されました。今回の参加は、U1K–7台、SRC–7台、ORC–6台の計20台でした。

最近はU1Kの参加者が着実に増えています。余ったサーボで1台作れてしまうので手軽に参加できるのが良いようですね。SRCやORCに比べて非力なサーボの使用が多いので迫力はないのですが、小型機独特の愛嬌があり、今回は「まさお君vsおにぽん」のような名勝負も見られました。

 

 

U1Kの決勝戦は、小さくても一切手を抜かないひろのっち氏のスーパーディガーリトルと、今年から長崎大学に進学した中村君の小拓歩(こたくゆ)との一騎討ちとなりました。

U1K決勝


 

惜しくも優勝を逃した小拓歩ですが、SRCクラスの拓歩では玲瓏(れいろう)と対戦。

SRC決勝


 

ORCクラスは久々に充実した顔ぶれで盛り上がりました。今回台風の目となったのは伊藤氏の新生「IGNIS.FT」(イグニス・ファイナルチューンド)。美しいフルアルマイトフレームに新型減速機構付アームでパワーアップした機体で、長年のライバルである九州三銃士との戦いに挑みます。ここではとりあえず決勝戦のみお届けします。

ORC決勝


 

 

 

私も頑張ったんですけどね… リング際での一瞬のすきを突かれてしまいました。いやぁ、お見事です。今回は新しい顔ぶれが上位入賞し、本当に良い大会でした。これから学生諸君の参加も急増しそうなのでますます盛り上がりそうです。九州の元気を全国に!これからも頑張ります。

 

という事で、関係ないですが元気が出る九州新幹線の動画もどうぞ。